背中ニキビ

背中ニキビケアno1

背中だってプルンプルン

顔のお手入れのようには、日常なかなか行わないのが体のお手入れ。胸元、背中、二の腕、すべての箇所を毎日ケアしていくのはなかなか大変なことです。中でも、普段目の届かない背中は一体自分がどのような背中をしているのかさえ認識が薄いのではないかと思われます。顔などと同じくらい皮脂分泌量があり、マメな手入れをしないと黒ずみやニキビができやすいものです。

 

いざ、吹き出物等ができてしまっても見えないので、そこからの手入れも疎かになりがちです。露出度をアップさせて女の色気を振りまいてはみたものの、背中のニキビで逆に悪印象を持たれてしまっては元も子もありません。週に一度くらいは、自分の背中をじっくり観察してみましょう。

 

お肌のトラブルにとって最大の敵は乾燥です。いかなる場合にもまず保湿。顔も背中も基本的には変わりません。肌は潤ってくると角質細胞同士が仲良く手をつなぎ始めます。水分が細胞同士の手を繋がせているのです。そうすることで健康な肌が生まれ、プルンプルンな状態になるのですね。ニキビが出来てしまう状況というのは、肌が悲鳴を上げている状態です。

古い角質というのは大体一ヶ月サイクルで剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わるので、
生まれ変わる肌がいかに潤っているか、これが赤ちゃん肌になれるかなれないかの分かれ道なんですね。赤ちゃん肌を目指すことでニキビの予防にもつながるということ、ぜひ頭の片隅に入れておいて下さい。