アラサー スキンケア

30代から摂りたいコラーゲンはどの方法で摂るの?

個人差はあれ20代から始まるコラーゲンの減少は、美容に気を遣う女性にとっては大きな問題です。
肌や髪、爪にまで関わってくるので、効率よく積極的に使いたいとは思いますが、中にはもったいない摂り方をしている人もいるようです。

 

コラーゲンを摂るようになって、髪が生き生きとしてきた、爪が丈夫になってきた、顔のたるみが減ったというのはよく聞くことです。中には、コラーゲンの成分が様々なものから作られていて種類も多いことから、体質に合わない種類のものもある場合があることもあるということです。

 

コラーゲン不足だからといって、ただコラーゲンのサプリメントやドリンクを摂取すればいいというものでもないのです。1日に摂りたいコラーゲンは5g〜10gなのですが、ただこれに足りればいいというわけではなく、コラーゲンを効率よく分解しコラーゲンの生まれ変わりを正常にさせることのできる状況を作らなければ、摂ったコラーゲンもプラスには働いてくれません。

 

アミノ酸バランスのいいタンパク質とともに摂ることで、働きがスムーズになります。ビタミンCも一緒に摂ると、体内でコラーゲンが安定して維持されるようになるので、これも欠かせませんね。いつも食べるわけにはいきませんが、うなぎ、肉、鳥の皮付きもも肉などは、コラーゲンとタンパク質が両方摂れますよね。
反対に、揚げ物などの高脂肪のものや糖分を摂り過ぎると、ヒアルロン酸の合成を低下させたり、コラーゲンが糖化してしまうので注意したいものです。