アラサー スキンケア

年齢によりどんどん変わってくるお肌の悩み

女性の肌の変化というものは、一度で終わるわけではありません。年齢を重ねるうちに、どんどん違った変化を起こします。
20代後半では美肌成分が減少していくことに気づくかもしれませんが、急にその時期に減ったというのではなく、個人差はあれ徐々に減ってきているのです。

 

エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸の減少に伴い、肌が乾燥して、潤いを保つ力も少なくなってしまいます。
肌のターンオーバーのサイクルもゆっくりになり、剥がれ落ちない角質が肌に溜まったままで黒ずんで見えたりもします。
角質の働きも正常ではないために、外からの細菌などの侵入を許してしまうようにもなります。この時点で、保湿のスキンケアを徹底することが肌をケアできる方法です。

 

30代となると、今までの美肌成分の減少に加えて、ホルモンバランスの乱れからくる肌荒れが増えてきます。
月経から排卵までの時期は、エストロゲンというホルモンの分泌が盛んなので、肌がいい状態なのですが、、排卵後はエストロゲンが減少し黄体ホルモンが増えることで、肌が荒れやすくなります。

 

30代の女性は忙しさのあまり、自分の肌のことは後回しにしてしまいがちです。
ストレスや過労がさらにホルモンバランスを乱れさせることもあるので、大人ニキビがよくできるようなら、受診することも解決の糸口になるかもしれませんよ。
20代後半、30代の肌の悩みは違っても、肌のバリヤ機能を保つための保湿は一番のケアだと言えますね。