【アラサー世代】スキンケアランキング|No.1はコレ
【アラサー世代】スキンケアランキング|No.1はコレ > 未分類 > アラサーになると気になるほうれい線

アラサーになると気になるほうれい線

個人差はありますが20代後半から、肌の水分量が徐々に減ってしまいます。その結果として、
顔全体の肌が下がってしまうのですが、これはハリの低下やたるみの原因でもあります。
ほうれい線の原因は様々な要因がありますが、頬の筋肉が衰えてたるんでくることによって引き起こされます。
頬の脂肪が下に向かって落ちてくるので、深い溝ができてしまうのです。
ほかの原因としては、同じ方向だけを向いて眠ったり、髪をアップにすることが多い人は引っ張られた髪がたるみを生み出してしまいます。日常的に紫外線を浴び続けることで、肌の水分量も少なくなってしまい、シミやシワばかりでなく、ほうれい線まで生み出してしまいます。
癖としての原因は、食事の時に咀嚼する側がいつも同じだと、皮膚のだるみを作ってしまい、片方だけのほうれい線を作ってしまいます。あごの下に手を置く「頬づえ」のポーズも、強い圧力がかかるので、たるみの原因になりほうれい線へと続いてしまいます。
ほうれい線ができる原因は、日常の癖と生活習慣が大きいようです。たっぷりの保湿を心がけたスキンケアと、UVケアは毎日の習慣としたいものです。ビタミンCやコラーゲンを積極的に摂取して、充分な睡眠時間をとり、ストレスを溜め込まないようにする生活が望ましいですね。難しいですが、頬ずえ、咀嚼、眠り方の癖にも気をつけましょう。
ほうれい線は実年齢よりも老けて見せるので、とてもマイナスイメージになってしまいます。