【アラサー世代】スキンケアランキング|No.1はコレ
【アラサー世代】スキンケアランキング|No.1はコレ > 未分類 > 正しい食生活で顔のたるみの改善を

正しい食生活で顔のたるみの改善を

顔のたるみは毎日の食生活から作られる?
脂肪分の多いものを食べ続けると、顔にたくさんの脂肪がつくことになります。
同時に毛穴にもトラブルが起こることで、肌が荒れたり、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができます。
それと同時に老化が進みます。
顔のたるみは、新陳代謝低下によって老化が始まって、毛穴が大きくなって、垂れ下がって涙型のものが出始めます。
顔のたるみがでている時の毛穴は、縦長のものが出現します。
タンパク質が少ない(極端なダイエット)の時には、肌の真皮部分に十分な栄養がなくて、表皮が作られなく、顔のたるみを発生させます。
同時に、ビタミンなどが無いときも同じことです。
食べ過ぎも食べなさすぎも肌にとってはマイナス、年もとっていないのに、顔の皮(表皮)が垂れるという現象になります。
どうしても十分な食事が摂れない方は、サプリメントなどを活用するなどして、肌に良い食生活を目指してみてください。
そして、もう一つ大切なものとして、水の存在があります。
美容に必要な水の量は、大人で一日2リットルとされています。
季節によって前後しますが、冬でも2リットルと欲しいところです。
これは、新陳代謝を促進することで、老廃物の排出のためにも必要とされていますし、肌の乾燥を防止する目的もあります。
水ぶくれになってしまうから、あまり水は飲まない方もいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。
水分不足による美容被害だけではなく、健康被害も起きてしまうものです。
そして、そのことは、便秘も解消します。
食物と便秘と顔のたるみも関係が深いもので、すべて順調にするためには、
食生活を良くして、水分不足にならないこと、そして、便秘にはならないことです。
老廃物が体内にたくさんあることは、顔のたるみも助長することになります。
もちろんそれだけではなく、その他の肌トラブル、病気の原因にもなってしまいます。
顔のたるみと食生活は、関係無いようですが、とても密接だといえます。