アラサー スキンケア

お肌の曲がり角にはKOSEの「米肌」がベスト!

 

お肌の変わり目の繊細な時期は、ライスパワーの栄養補給でしっかりケア!

 

 

★ライスパワーNo.11の「自活保湿」成分配合!

 

★肌の水分保持機能を内側から改善!

 

★アラサーの敏感肌を改善し、すっぴんに自信がつく!

 

>>「米肌」の詳しい説明はコチラ

ファンデーションが”すじ”になる
毛穴のひらき、黒ずみが気になってきた
目じりの笑いシワが目立つかも…?
あご下のお肉が気になり出した…



そんなアラサー特有の肌の悩みには…
スキンケアの見直しが重要!


 

アラサー年代のお肌は、目元や口ものとシワやたるみが気になり始めたり、
乾燥やテカリ、毛穴の黒ずみの悩みを抱える方が増えてくる繊細な時期です。

 

20代前半までのスキンケアでは合わなくなってきたと感じたり、
これまでは特にスキンケアには気をつかって来なかった方が「始めなきゃ!」と思いはじめる時期でもあります。

 

アラサーのお肌は肌を守るバリア機能や潤いを保つ保湿機能が衰えはじめる時期。
そんな時期のお肌には、しっかりと栄養を補給して自ら潤う「潤い力」を育てるケアが大切です。

 

20代前半までのように外側から潤すケアだけでは不十分!
ライスパワーNo.11のチカラで肌質を健やかに整え、潤いとハリのある潤い美肌を育てましょう♪



保湿には「ライスパワーNo.11」が救世主になる!

アラサーの肌ケアにライスパワーNo.11が有効な理由

ライスパワーエキスはお米を蒸してエキスを抽出し、麹菌、酵母菌、乳酸菌などの微生物と組み合わせて醗酵させることで生み出される美容成分。

 

お米本来が持っているビタミンやミネラル、アミノ酸、糖質をバランスよく配合し、肌の水分保持能力を育てる栄養がたっぷりの究極の成分なんです!

 

アラサーのお肌は細胞数が減ることで水分が減少し、シミやたるみを引き起こします。
特に肌の水分を蓄え、肌にふたをするバリア機能を果たしているセラミドが減少することでキメが乱れて乾燥し、しぼんでしまいます。

 

ライスパワーNo.11は肌の角層に浸透してセラミドを生産させやすくしてくれます。
また、肌の水分保持機能を活性化させるから水分を蓄え、シワやたるみを防ぐ肌を育てることが可能です。
セラミドが再生してキメが整うことでお肌の透明感や明るさもUP♪
毛穴の悩みも解消できます!

 

ライスパワーエキスのチカラは、肌の潤い力を育てるケアが必要なアラサー年代のお肌にぴったりなんです(^^)♪


優秀なライスパワーエキスが配合されているスキンケアは
KOSEの米肌(まいはだ)

30代に大注目の「米肌(まいはだ)」!

肌を清潔に保ち潤い力を育てるから、効果の実感も確実!

  • 乾燥肌を改善!
  • 開きっぱなしの毛穴をキュッと引き締める!
  • ハリや弾力を取り戻し、みずみずしい肌に!

>>詳細をチェック

おすすめの年齢層 20代後半〜30代全体
期待される美容効果 保湿、毛穴トラブル改善、きめ細かい肌
料金 トライアルセット/¥1,500(税込)

米肌の購入はこちら

 

目元、口元のシワや毛穴 開き、頬のたるみは年のせいだからしょうがない、って諦めていませんか?
確かに年齢を重ねれば細胞数が減少し、弾力や潤いを維持しにくいお肌に変わってしまいます。
放っておけば、シワも乾燥も、毛穴の悩みもどんどん深刻化することに…

 

外側から保湿するだけでは根本から解決することはできませんが、細胞にしっかりと栄養を与えて
肌自身が潤いを維持するチカラを育ててあげることが可能です。

 

ライスパワーNo.11のチカラで内側からしっかり潤い力を育むスキンケア、始めませんか(^ ^)?


実際に米肌を使ってみました!

肌への浸透力を実感!

 

肌潤石鹸の泡立ち力&肌の調整力に驚きました!

 

20代前半までは洗顔にも保湿にもそれほど気をつかっていなかった私ですが、30目前に「そろそろ始めないとヤバい!」と思い始めました。
洗顔をしても突っ張ったり、毛穴の汚れが落ちなかったり、ハリと潤いがなくなってきた気がしています。

 

肌潤石鹸を使ってまず驚いたのはもっちもちの泡!
こんなにもちもち&ふわふわの気持ち良い泡で洗顔したことが無く、感動しました!
毛穴の中にまでしっかり浸透して、肌を清潔に保ってくれるからお気に入りです!
毛穴の開きや黒ずみが解消してきたと思います♪


化粧が崩れにくいスキンケア発見!

 

保湿系のクリームやジェルはベタベタするのであまり好きではなかった私ですが、30を過ぎてから潤いが減ってしまったように感じ、ベタベタでもいいからしっかりと保湿をしようと米肌での保湿を始めました。

 

肌潤クリームはもちもちするのにベタベタしないので感動しました!
クリームを顔に塗った後は髪の毛がくっついたり、重たい感じがするのがニガテだったのですが、このクリームはそれが一切無いんです!

 

特に笑ったときのほうれい線が気になっているのですが、毎晩の保湿でハリが少しずつ戻ってきて、笑っても化粧がくずれなくなりました!
これからも続けてもっと潤い力を育てていきたいです♪

 

アラサーを過ぎたのに肌ケアが楽しくなるなんて、驚きだし、幸せです!


アラサーに人気No.1のスキンケアは…米肌

ライスパワーNo.11のチカラを発揮できるスキンケアなら米肌!

日本酒を造る醗酵の技術を駆使して100%国産白米を90日間も醗酵・熟成させることで丁寧に抽出されたライスパワーNo.11のエキスを使用!

 

肌の水分を高める構成物質であるセラミドのはたらきを助け、肌自らが水分を保持し、潤いを保つチカラを創り出します。
潤いを保つことでハリ不足やたるみを改善!
みずみずしく弾力のあるお肌へと整えてくれるんです♪

 

砂漠の中でも育つ復活草に多く含まれているグルコースと合成されたトレハロースも配合しているから、角層深くの保湿力をサポートして、肌のバリア機能も活性化!
乾燥や紫外線から守る肌を育ててくれます。
乾燥肌を改善することで肌のキメも蘇り、毛穴が開いてしまったり保湿をしてもどんどん蒸発してしまう肌質を改善してくれます♪

 

米肌なら洗顔から保湿まで、全てをライスパワーのスキンケアに変えられるから、内側からも外側からもしっかりとスキンケアができちゃいます♪

米肌の購入はこちら


 

3大美肌成分の減少に着目したスキンケアを行いたい!

30代に入る頃から、お肌の変化に気づく人が多いようです。
20代前半では、カラーリング化粧品にお金をかけていた人も、スキンケアにお金をかける時期になってきたというところでしょう。
お肌の変化には個人差がありますので、30歳になったらということもないのですが、このくらいの年齢を目処にしてスキンケアの仕方を考えてみるべきです。

 

お肌の変化には、美肌成分が年々減少していくということが関係しています。肌のハリを保ってくれていたコラーゲンやエラスチン、保湿成分のヒアルロン酸などが減少していくのです。
スキンケアとしては、保湿を重視することです。そのためには紫外線対策を徹底することも肝心となってきます。お肌の乾燥は、シワ、大人ニキビ、シミなどを作ってしまう元のようなものなので、日焼けどめは外出しなくても塗りたいですね。

 

スキンケアの基本としたい保湿は、水分を肌に与えるだけでなく、水分を逃がさないような対策も必要です。自分に合った基礎化粧品が分からなければ、店頭でもらえるサンプルを活用しましょう。
変化する肌には外から与えるだけでなく、規則正しい生活が大切です。女性の30代はとても忙し時期です。帰宅してから、メイクを落とさなきゃいけないのにヘトヘトで無理なこともあるかもしれません。忙しさのあまり甘いものをたくさん食べてしまったり、喫煙する人は本数が増えることもあるでしょう。

 

喫煙では体内のビタミンCが消費され、砂糖をたくさん摂ることでビタミンB2が消費されます。これらのサプリメントとともに、自分に足りない分をサプリメントで補うのも一つの方法です。

ほうれい線ができる原因&消し方

昔と比べあきらかに目立つようになったほうれい線を見て、年齢を感じる場面もあるかと思います。
同年代でもほうれい線があるのと無いのでは、見た目年齢の印象を大きく変えてしまいます。
ほうれい線が深くなってしまったと悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
そんなほうれい線ですが、努力次第で改善することが可能です!

 

〜ほうれい線ができる原因〜

まず、ほうれい線は肌のたるみによって深くなります。
年々肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンといった成分は減少し皮膚にシワができやすくなり肌はたるみます。
そのまま放置していれば頬を支えきれなくなり、ほうれい線がくっきり刻まれて老け顔に繋がってしまいます。
加齢による口周りの筋肉の衰えも大きな原因です。

 

〜ほうれい線を消す方法〜

ハリや弾力を保ってくれるコラーゲン・エラスチンは加齢によって減少しますが、紫外線やストレスの影響も強く受けます。
紫外線はなにより老化を加速させるので、季節問わず紫外線対策を欠かさずおこなってください。
失われる美容成分を生成する手助けをしてくれるビタミンC誘導体が含まれる化粧品の使用も有効です。
もうひとつのポイントは口周りの筋肉の強化です。
ほうれい線の消し方は、口を閉じて舌でほうれい線の裏をなぞるようにぐるっと回すだけ。左回り右回り20×3セットを目安におこなってください。

 

ほうれい線の原因はたるみ毛穴によるものだった!

 

毛穴がたるんでしまうって聞いたことがありますか。
年齢とともに肌がたるんでくると、毛穴も一緒にたるんでしまいます。
楕円形やしずくの形に変化してしまい、いわゆるイチゴ毛穴やオレンジ毛穴というものになってしまいます。

 

このたるんでしまった毛穴たちは小さなシワとなってしまい、どんどんと連携してしまうので、ほうれい線ができてしまうのです。

 

帯状毛穴というこの毛穴はたるみ、シワのケアも必要ですが、毛穴ケアも必要です。
毛穴の汚れをとって、毛穴を引き締めなければ、毛穴がきれいな状態に戻ることはできません。

 

毛穴の黒ずみや角栓を取るには、蒸しタオルなどをあてて顔の毛穴を開かせることが一番です。毛穴を開かせることによって、汚れをとれやすくできるので、毛穴パックよりもスッキリ取ることができます。

 

また、ほうれい線を予防するにはお肌の保湿も重要です。
お肌の保湿ができていないと、カサカサ肌になったり、肌荒れを起こしたりします。


毛穴ケアランキングちぇき

更新履歴